ペットを飼っている方であれば気になるのが住居の問題。ペットの飼育を禁止している建物が多く、中々希望の物件が見つからないという方も多い事でしょう。中には「ペット相談可」となっていても、自分のペットが対象外となっている事もしばしば。これだけペット可物件の需要はあるのに「なぜペット可物件は少ないのだろう?」と不思議に思う方もいるかもしれません。

ペットと共存共生を続けるためにもペット可物件が増え、安心してペットと住める社会になると良い。

ペットと住める物件数

①原状回復の問題

ペット可の難点として、退去時の原状回復の問題があります。

ペットを飼育する上では部屋に臭いが染みついてしまったり、壁や床に傷が付くこともあります。

借主によっては、退去時の原状回復費用が高額になり、敷金額を大きく超える修繕費用が必要となる場合もあります。

契約書に特約を付したり修繕分担表を作るなど、事前に対策を講じることも出来ますが、原状回復費用をめぐって退去時にトラブルに発展する事もあります。

ペット可物件が少ない理由として原状回復費用が高額になるという事もあります。

②住民同士のトラブル

ペットの臭いや鳴き声がきっかけとなり、住民同士のトラブルに発展する事もあります。

隣室のペットに臭いが気になる事や、鳴き声が大きく夜も眠れないといったケースもあります。

また一言にペット可とは言っても、犬や猫・亀や爬虫類・うさぎなどそのペットの種類も様々で、その生活環境も異なってきます。

ペットを放し飼いにしていると糞尿のトラブルもありますし、寄生虫や感染症に繋がるリスクもあります。

建物の設備の使用方法がトラブルになるケースや、大きなペットが他住民にケガをさせたという例もあるでしょう。

ペット可物件が少ない理由として住民同士のトラブルになりやすい事があるので、契約書等には近所迷惑となった際の退去条件が盛り込まれている事もあります。

③後戻りしにくい

ペット可物件を求めている人もいれば、一方ではペット可物件を敬遠する人もいます。

周囲の住民の同意を取り付けて途中からペット可物件にすることは出来ても、逆にそれを理由に退去する人も出てくるでしょう。

一度退去した人は、ペット不可物件に戻しても簡単には戻ってはきません。

それだけペット可物件というのはインパクトがあり、物件のコンセプトとして大きな影響があります。

一度ペット可物件にしてしまうと、途中から「やはりペット不可に戻したい」と考えたとしても難しいケースが多く、場合よっては物件の価値自体にも影響を及ぼしかねません。

そのためペット可物件にする際には慎重な判断が求められます。

ペット可物件が少ない理由として、後戻りしにくいというのも理由の一つと考えられます。

④借主保護の風潮

借地借家法を始め、昨今ではガイドラインの普及などもあり原状回復時の知識を持つ借主さんも多くなってきました。

また実際に法律の上では借主保護の色が強いことも確かです。

ペット可物件では敷金を2か月分程度多めに取ったり、2割ほどの家賃を上乗せするケースも多いですが、退去時にきっちりと借主と貸主の負担割合を線引きすると、貸主が多額の修繕費用を支払うハメになるケースも十分に考えられます。

退去時には敷金を徴収するといった条項を設ける事もできるかもしれませんが、修繕費用が高額な場合には借主とトラブルになる事も考えられます。

ペット可物件では原状回復費用が高額になりやすく、またその退去時の清算に不安が残ることも、ペット可物件が少ない理由として考えられるのかもしれません。

ペットを飼うには様々な問題があるようだ。このような問題の対策を実施し早期に解決するのも日本の課題である。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です