猫と会話する方法はあるのだろうか?愛猫が何かを話しかけてくるという飼い主様の話をよく耳にするが、実際に猫は会話をする動物なのだろうか?もちろん人間の言葉をしゃべるわけではないですが、人間に話しかける姿や猫同士で鳴き合っている姿をみたら会話をしているようにも見える。猫にとって会話をするという概念があるのかも疑問である。猫とのコミュニケーションの取り方について触れてみたい。

言葉を話せない猫たちの気持ち

猫と人は会話できるのかというのは、誰しも一度は抱いたこのとのある疑問ではないだろうか?猫は言葉を話すことが出来ないし、人間も猫の鳴き声を詳細に解読できるわけではない。そのため、人間同士で会話をするように猫と会話をするのは難しいでしょう。

猫同士の会話の方法はまさに鳴き声で会話をします。通常猫の鳴き声は「にゃー」だと思っている人が多いでしょうが、猫の世界では「にゃー」という鳴き声はあまり使わず、仲のいい猫同士の会話は口を開けずに鳴く「んー」という鳴き声で会話をします。

猫同士ではきちんと会話が成立しているようだ。鳴き声によっても違いがあると知りこれから猫と会った時により注意深く観察してみたいと感じた。

汲み取る優しさと日頃のケア

「尻尾」、「鳴き声」、「しぐさ」、「行動」の4つから、猫の気持ちを知る方法がある。猫にだって個性があるもの。シチュエーションによっても示している気持ちは変わってくるはず。

◆尻尾

尻尾は、「尾椎」という小さな骨が連なってできており、しなやかで多様な動きを可能にしています。その役割は、身体のバランスを取ることはもちろん、猫同士のコミュニケーションにも役立っているのです。

◆鳴き声

猫の鳴き声といえば「ニャン」や「にゃあ」といったものが思い浮かびますが、一緒に暮らしているとさまざまな種類(イントネーション、長さ、音の高低)が使い分けられていることに気がつきます。

◆仕草

私たちにとっては愛らしいしぐさですが、そこには猫たちの感情がたっぷり詰まっています。となれば、そこからも感情を読み解くチャレンジをしてみたいですね。

◆行動

眺めているだけでも癒されるものですが、その行動の意図が分かると、より猫の「いまの気持ち」を理解できることでしょう。

様々な猫の感情表現や愛情表現があるので見逃さずに対応したい。猫とのコミュニケーションを密に取り、役立てていきたい。

言葉は通じなくても猫が話しかけてくることありますよね。あれは会話はできないとしても、自分の欲求や伝えたいことを何とか飼い主わかってもらいたいという願望の現れなのかもしれません。

愛猫が必死に話しかけてくるなら、その鳴き声の意味を理解して答えてあげるのも会話が成立したといえるかもしれません。愛猫とコミュニケーションをとるためにも、ぜひ愛猫との会話に挑戦してみてはいかがでしょうか?

人間界の言葉では猫と会話が出来ないがテレパシーでコミュニケーションを取る事が可能だとする考えもある。これからの科学の進歩により猫と会話出来る様になる日も遠くないのかもしれない。

猫は目を細める人の事を好むという。ゆっくり瞬きをして会話をする方法もあるので試していただきたい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です