ペットチュイン-pettuin-というペット専用のサプリメントを販売させていただいている。ペット業界は年々、賑わいを見せ、それに合わせて問題視される事もある。ペット業界に関わる中でどのような思想で向き合っていくべきかが重要だと日々、考えさせられる。

ペット業界のビジネスは単なるお金儲けではいけないし、ペット第1、ペットの飼い主第1でなくてはならないと思う。そしてペットと人間が素晴らしい関係を築けたら良い。

ペット業界の専門家 越村義雄氏に会う

ペット業界を長年、担っている専門家の越村義雄会長と会談をする機会があった。越村義雄会長の経歴は脱帽ものだ。

1978年6月    日本コルゲート・パルモリーブ(株)に入社、ペットフード部門が製造する犬猫用ペットフードの日本での事業を立ち上げる
1987年1月  代表取締役就任
2009年5月  一般社団法人ペットフード協会・ペットフード公正取引協議会の両会長に就任
2010年1月  ヒルズペットニュートリションアジアーパシフィック日本支社会長に就任
2011年5月  一般社団法人ペットフード協会・ペットフード公正取引協議会の両会長に再選され現在に至る

 

 

越村義雄  Yoshio Koshimura/1948年生まれ

一般社団法人ペットフード協会 会長
ペットフード公正取引協議会 会長
ペットとの共生推進協議会 副会長(第1回シンポジウム実行委員長)
一般社団法人日本ペット栄養学会 理事
一般社団法人国際経営者協会 理事
人とペットの豊かな暮らしフェア、インターペット実行委員長
日本ヒルズ・コルゲート株式会社 名誉会長

越村さんが名誉会長を務める「日本ヒルズ・コルゲート株式会社」は、米国に本社があり世界95カ国に販売拠点を持っている。

国内でペットフードを製造または販売する企業99社で構成され、ペットフード市場の90%以上が会員社によってカバーされているという。

より良いペットライフの実現に貢献すべく、ペットフードの安全性や品質向上のための普及啓発事業をメインに、ペットに係ることを広く事業を手掛けている。

越村義雄氏の熱い想い

私には夢があります。

『ペットと人が真の共生』をしているリアルなコミュニティを日本のどこかに造るということです。

現状起きている人間社会やペット業界での諸問題がクリアされ、人もペットもお互いを支え合い幸せに過ごせる街があれば、どんなにかすばらしいことでしょう。

 

平成27年度、82,902頭もの犬や猫が自治体で殺処分されています。この数を少しでも減らしていき、最終的にゼロにすることはできないか?という取り組みが、自治体や有志による団体などで始まっている。

人類の歴史と共に動物の存在があった。現代では、その動物は家畜から犬猫と変化し、その犬猫は家の外の役目から、住居の中の役目(家族の一員として)、すなわちコンパニオン・アニマル(伴侶動物)へと変化している。 この伴侶動物は、人間の良き仲間として、家族に多くの恩恵を与えている。

伴侶動物への愛情は、貴方の人生に100の恩恵を与えるだろう。伴侶動物の飼育は、良い事例や報告がたくさんある。家族の一員としてペット達が大事に飼われ愛情を注がれ人間と共存出来る未来を望みたい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です