ネコやイヌを飼っている人の多くは「自分の声に反応した」「言っていることを理解してくれている」と感じたことが一度ならずともあるのではないだろうか。犬や猫は人間の言葉を感じ取り実際に区別していることが分かった。犬や猫とのコミュニケーションを深め愛情を注いでいただきたい。なんとなく、ひとりにしておいても大丈夫、というイメージが強いネコだが、ずっと放っておいても大丈夫、などということはないようだ。どうしても長時間不在にしなければならないこともあるし、24時間365日一緒にいることができないのは当然のこと。愛するネコやイヌと離れていてもなるべくコミュニケーションを取りたい、少しでも安心させたい…という方にぜひオススメしたいのが「屋内スイングカメラ」だ。その様な工夫もして外出したい。

犬や猫、ペットとの信頼関係

「ほめるしつけ」とは似ているようで少し違う、「嬉しい気持ちにするしつけ」。「嬉しい気持ちにするしつけ」をうまく取り入れると、愛犬からもっと愛され、より強い信頼関係を築けます。

犬や猫をハッピーにするしつけを褒めながら教えていきたい。

ポイントは「懐に深く飛び込んでくる」こと呼んだら来るけど、手元には来ないので捕まえられないというのは、飼い主さんにとって悲しいことです。最初は室内で、名前を呼んで来たら首輪をつかみ、ほめておやつを与え、また放して遊ばせます。これを繰り返すことで、呼ばれて捕まっても、おやつがもらえ、楽しく遊べることを学習しますので、呼べば(アイコンタクトができていれば)喜んで飛んでくるようになります。犬や猫をハッピーにするしつけを褒めながら教えていきたい。

犬に信頼してもらう方法6つ!

◆犬の発するボディランゲージを読み取る

◆一貫性を持って接する

◆一緒にいるときに楽しい気持ちにさせる

◆犬の嫌がることはしない

◆正しく叱る

◆犬の発するSOSに気付く

コミュニケーションの重要性

アニマルコミュニケーションとは、「動物達との言葉のない(非言語)のコミュニケーション」です。心と心でつながり、テレパシーを通して、視覚やメッセージ、直感フィーリング(言葉)で受け取り、コミュニケーションをします。

アニマルコミュニケーションとは、主にテレパシーを用いて動物の心の声を受け取る手法。テレパシーで受け取った声(情報)がコミュニケーターの五感を通り、人の言葉となって飼い主さまへ伝えられるのである。動物たちは私たち人間と同様、魂も心も持っており、それらをいつもボディーランゲージやテレパシーを使って伝えてきているそう。

アニマルコミュニケーションは、特別な能力ではありません。本来誰にでも備わっているインナーコミュニケーション能力や感性を高めていくことで、動物の心が感じ取れるようになるのです。

 

人間の言葉が話せない分、そのひとつひとつの行動で、自分の気持ちを伝えようと、必死に努力しています。あなたのペットは、こんな行動を起こしていませんか?

  • 帰ってくるととびはねる
  • ご飯が待ちきれずに、手で催促する
  • カーテンをよじ登る
  • 靴のにおいを嗅ぐ
  • 留守番させると部屋をめちゃくちゃにする
  • 呼んでも無視する
  • 新聞や本を読もうとすると邪魔をする
  • 夜中に何度も起こす
  • 洋服やカーペットをぐしゃぐしゃにする

あなたは、ペットの行動をちゃんと観察できていますか?アニマルコミュニケーションは、ペットの行動観察から始まる。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です