大好きな愛犬のために飼い主様はたくさんの愛情を注いでいるだろう。しかし、犬の平均寿命や健康寿命は人間に比べると非常に短い。いつまでもペットに健康で居てもらうためにも健康管理を心がけるべきである。

健康維持、日頃のケア、予防医学など飼い主様は多少なりとも知識を持ち、愛犬の事を知っておくべきである。犬の健康管理のために普段から気をつけていきたい項目についてまとめてみた。

犬の健康維持を考える

犬の健康管理のために次の事に注意していきたい。

1、愛犬の肥満を避ける

愛犬が太ってしまっても放っておくことは簡単です。しかし、肥満は寿命を縮めたり、毎日動くのが億劫になって楽しみが減ってしまう可能性があることを覚えておきましょう。

愛犬の肥満は様々な病気にもなる原因の1つ。肥満は足への負担も増えるので健康維持のためにも注意したい。

2、愛犬の体重を適正に減らす

愛犬の体重が増えて、胸部に触れても肋骨が感じられなくなったら、それは習慣を変える時です。健康的な体重管理のためのペットフードや、獣医のダイエットプランの実践を検討し、必ず散歩など毎日一定の運動をさせましょう。人間の食事の残りは絶対に与えないでください。ダイエットを意識する場合、おやつは極力少なくし、毎日のカロリー摂取量の10%を超えないようにしましょう。ダイエット成功率を高めるためには、獣医と共に愛犬に合わせて総合的な計画を立てると良いでしょう。

日々の食事や運動を管理し、健康の維持・促進を心がける。神経質にやり過ぎて、ペットのストレスにならぬようにする。

3、愛犬の口腔ケア

できるだけ子犬のあいだに、毎日、できれば少なくとも3日に1度の歯磨きに慣れさせましょう。柔らかい布か子供用の柔らかい歯ブラシを使って歯を優しくこすり、犬用の歯磨き剤を使用します。人間用の歯磨き剤は使わないでください。犬は歯磨き剤を吐き出さず飲み込んでしまうので、胃の不調を起こすことがあります。噛みごたえのあるドライフードも、きれいな歯を保つ助けとなります。ドライフードを噛むと、粒子が歯と摩擦を起こして歯垢を落とす歯ブラシのような働きをします。

ペットの歯や舌の変化もチェックし口腔内を清潔に保つ。歯磨きの効果を得られるペットガムなど工夫を凝らす必要がある。

4、サプリメントの必要性

愛犬にバランスのとれた総合栄養食を与えていれば、サプリメントは必要ありません。しかし、犬が特定の健康課題を抱えている場合には、サプリメントが効果的なこともあります。犬にサプリメントを与える際には、事前に獣医に相談しましょう。

サプリメントは薬ではなく栄養補助食品。普段の食事では摂りきれない栄養素を補うには非常に有効である。獣医師の認めるサプリメントを与えたい。

ペットの健康と寿命

国内における犬の平均寿命は14.85歳。サイズ別に見てみると、超小型犬が15.67歳、小型犬は14.62歳、中・大型犬では14.02歳となっている(一般社団法人ペットフード協会「平成27年全国犬猫飼育実態調査」より)。

寿命は犬種やサイズにより個体差が出る。また生活環境によっても変わってくる。

現代の科学は益々進歩し、ペットの健康維持をうたう商品もたくさん出ている。

日々の健康管理を行い、健康なまま寿命を伸ばす事が出来たら愛犬も幸せと感じてくれるだろう。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です