日本のペット流通には「闇」の部分がある。ペットショップなどの生体(せいたい)展示販売とペットの殺処分という問題である。欧米のペット先進国に比べ歴史の浅い日本のペット業界が、いびつな形のまま急成長したためと指摘する声も多い。「ペットは物ではない」という基本的な倫理観が、ペット業者や飼い主に厳しく問われている。

殺処分ゼロは日本の取り組むべき課題の1つだ。特に安楽死され行く犬や猫の命を1匹でも多く救うことが求められている。

なぜ殺処分は無くならない?

殺処分とは、不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害することである。

犬や猫を殺して処分する事に他ならない。不要な動物という位置付けは残酷だ。殺処分を行う時に選択されるのが安楽死である。安楽死は犬や猫が苦しまずに死ねると思われているが安楽死も苦しむ。出来れば殺処分ゼロを検討したい。

なぜ、犬を捨てる飼い主がいるのでしょうか。

それにはさまざまな理由があると思いますが、ひとつには、子犬の売られ方に問題がありそうです。少なくとも、ペットショップの店頭で買った犬が捨てられるケースが多いというのは事実なのです。ペットショップで見て、「かわいらしい」と思ったから衝動的に買う。でも、家へ連れて行くと子犬が言うことをきかない。持て余して、こっそりと捨ててしまう。こうしたケースが多いようです。

動物が好きな人にとって、殺生に関わる事は、できれば見たくない、聞きたくない、避けたい、触れたくない部分ではないだろうか。殺生に関わることのない私たちの日常生活。実際には、きれいごとでは済まされない部分が多くある。

ついつい気軽に入れるペットショップで子犬・子猫を見ると欲しくなるものだ。他人のペットと接する機会があると羨ましく感じてしまう。ペットを飼うというのは義務と責任が問われること。準備なしに簡単に飼ってはいけない。望まれなくなったペットが殺処分対象となり得るからだ。

ペットの命を無駄にしない

やむを得ない事情から保護される犬や猫がいますが、その中には、ケガをしている、病気にかかっている、人に馴れていないなどの理由で、そのままの状態では譲渡につなげていくことが難しい犬や猫もいます。こうした犬や猫たちが、新しい飼い主さんと出会い幸せに暮らすことができるように、皆様と一緒になっていのちを守り、1頭でも多く新しい飼い主への譲渡につなげる取組みを進めていきます。あたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

寄付金は次のような取り組みに使われるという

  1. 保護した犬や猫たちのケガや病気の治療
  2. 人に馴れていない犬や猫たちのしつけや馴化
  3. 犬や猫たちの治療のための医薬品の購入化
  4. 譲渡機会の充実

1頭でも多くの犬や猫を救いたいという皆様のお気持ちに深く感謝申し上げます。ご寄附いただいた個人・企業・団体の皆様に感謝の気持ちをお伝えするため、次のとおりご用意させていただきました。

ふるさと納税による寄付金のお礼を準備している自治体もあるようだ。

売り上げの一部を保護犬や保護猫の命を繋げるために寄付します!

ペットチュインというペット用のサプリメントを開発し販売している。

1匹でも多くの命が守られるよう売り上げの一部を寄付しています。社会のために役立てられるよう願っている。

更にペットチュインで素晴らしいペットライフを育んで頂けたら幸いです。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です