当社が販売するペット専用サプリメント(栄養補助食品)であるペットチュイン-pettuin-。ペットチュインに入っている成分が優れていて凄い。栄養補助以上の効果・効能を得られる画期的な商品である。

知っていただきたい主な成分が2つある。1つはNMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)という成分であり世紀の大発見とも言われる世界的に注目されているビタミンの働き。もう1つはプロテオグリカンという糖たんぱく質の働きである。ペットチュインについてまとめてみた。

凄い成分が入っています!!

ペットチュインはNMNを含んだ寿命革命を起こす、ペット専用アンチエイジング食品です。

NMNとは、ビタミンB3群の中に含まれるβニコチンアミドモノヌクレオチドという物質です。この物質はもともと生物にあるもので、自然にカラダの中で作り出されます。

NMNは多くの生物に存在していて、人間にも犬やネコにも存在しています。ところが歳をとると生産能力が落ちて、このNMNは減っていきます。

NMNは元々、体内に存在する成分であるため安全性が高い成分です。また獣医師にも認められたペットチュインなので更に安心・安全にペットの健康を守れます。

なぜNMNを与えると若返るのでしょうか?それはミトコンドリアを活性化させるからです。

生き物の酸素の消費は90%以上はミトコンドリアで行われます。ミトコンドリアが活性化する事により身体機能が正常に働きます。

NMNの摂取によりミトコンドリアが活性化され、老化現象を遅らせると考えられています。

「長寿遺伝子」「若返り遺伝子」とも呼ばれるサーチュイン遺伝子は2000年に米国・マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガランテ教授が酵母の中から発見した。その後の研究で、ヒトなら誰でも持っていることが分かっている。

この遺伝子が活性化すると、細胞内でエネルギー源を作り出す小器官「ミトコンドリア」が増える。更に、細胞内の異常なたんぱく質や古くなったミトコンドリアが除去されて、新しく生まれ変わる「オートファジー(自食作用)」という機構が働く。工場の機械装置を更新するのと同じように細胞を若返らせるという。

ペットチュイン-pettuin-

ペットチュインに含まれる注目すべき若返り成分は2つ。その成分名はNMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)とプリテオグリカン。どちらも体の細胞内に元々ある生成される成分であり、老化するごとに生成される分量は減ってしまう大事な成分である。

NMNは7種類ある全ての長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)にエネルギーを与える考えられており、若返りや抗老化作用が期待できる物質。ミトコンドリアが活性化され、老化現象を遅らせると考えられている。

プリテオグリカンの役割は、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り、体・皮膚組織を維持している。組織の形成や伝達物質として働いたり、身体組織の維持のために様々な役割を担っている。プリテオグリカンの『プリテ』はタンパク質。『オ』は結合。『グリカン』は糖鎖(多糖)を意味する。糖鎖とはたんぱく質や脂質に結合している糖類の鎖のこと。

マウス実験により寿命革命とも言えるほどの結果が出た。老化を遅らせたり若返り効果を見せたという。また薬ではないのに糖尿病などの病気を改善させたのだ。

是非、大切なペットの健康のためにお試しください。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です