平均寿命、最高を更新 女性87.32歳 男性81.25歳 2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳で、ともに過去最高を更新した。 厚生労働省が30日発表したまとめで分かった。

犬の平均寿命は14.17歳、猫は14.82歳。ここ30年で約2倍に延びた。平均寿命が延びた最大の理由は専用ペットフードの普及が、犬や猫の平均寿命の伸長に与えた影響は大きいといえる。次に医療の充実だという。飼い主とペットの年齢の関係は近年、より問題となっている。高齢社会となって以降も、少子高齢化に歯止めはかかりませんでした。2007年にはついに高齢化率が21%を超え、日本は「超高齢社会」を迎えたのです。内閣府の平成29年版高齢社会白書によると、2016年10月1日現在の高齢化率は27.3%、高齢者数は3,459万人となっています。介護を要する老人がシニア犬・シニア猫を介護する老老介護の話題もしばしば取り上げられる。ペットの幸せとは何か考えてみる。

ペットにも幸せを

犬猫を飼っている家庭は3軒に1軒。そんな統計もあるほどペットを愛する人は増え、ペットとの豊かな時間を実感しておられる方も多いでしょう。室内飼いが主となりその一生の大半を家で過ごすペットにとって、住環境は幸福感や健康に直結し、また飼い主にとってもペットとの幸福な共生のために非常に重要な課題です。

ペットを飼う環境は非常に重要。ペットが安心して暮らすためにも環境を整えたい。ペットにとって住みやすい環境かどうかを判断する基準として意識したいのが「安全性」と「運動」の二つ。住まい候補の地域をあらかじめ下調べしておくことは、犬や猫にとってはもちろん、地域に飼い主仲間ができるなど、家族にとってもメリットは多い。できれば、事前に足を運び、自分の目や足でチェックしたいところ。そうすれば、想像と違ったというミスマッチが防ぐことができる。

私たちも歳を重ねると共に、ペットもシニア期に向けて老犬・老猫となっていきます。その為、生活環境の改善や予備知識を少しでも知ることは、ペットの幸せにつながると信じています。

人間よりも早く歳を取り、寿命を迎える犬や猫。後悔しないためにも生きているうちに、もしもの時を考えて行動したい。

家族みんなで楽しくおでかけするには、日頃の健康が大事でである。犬や猫は、人よりも5~6倍早く年をとるので、常に身体の変化を見ていてあげたいもの。一緒に遊んでいるときやマッサージをしてあげているときなどに、こまめに観察してあげるべきである。

ペットとの素敵な時間

ペットと飼い主は、アイコンタクトで絆が深まる。傍らにスマホを置き、目を見て語りかければ、緊張を解いたうれしそうな顔を見せてくれるはずだ。人間同士も同じ。目を見て話すことで、気持ちが伝わりやすくなる。「いただきます」や「ごちそうさま」の一言だって、スマホを見ながらではなく、顔を上げ、家族の顔を見ながら言うことで、場の空気は変わってくるだろう。

大切なペットのために、ペットに接する時は、ながら行動をやめる。スマートフォンやテレビに読書など。ペットに注意を向けていないことはペットにばれているので注意したい。

どれだけ多忙な日々を送っていても、愛犬と共にお出かけできるスポットは都内にも、そして少しだけ足を郊外に向ければ楽園と言っても過言ではないホットスポットも数多く存在します!あなたの自慢の愛犬にとっての憩いの場…一緒に探し出す自体、ひょっとすると愛犬家にとっての癒しなのかもしれませんね!犬との最高の思い出作りをして欲しい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です