どんなに美容に興味の無い人であっても出来るならば若々しくいたいと願う者は多いのではないだろうか。若々しく見えない理由に加齢や老化がある。加齢は誰にも止められないが見た目を若く保つ事は近年の化学では高確率で可能な物となっている。

喫煙、睡眠不足、紫外線は肌の老化を早めてしまう。くすみ、シミ、シワ・小じわなどのエイジングサインが現れるのは20代の後半からと言われている。CMや通販などの広告で若さを保とうとする商品を見ない日は無い。それだけ需要がある分野なのだ。若返り効果をアピールする時に使われる言葉の1つ、アンチエイジングについて詳しく調べてみたい。

健康ってどのような状態??

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

この定義によって、WHOでは、医療に限定されず幅広い分野で、人々の健全で安心安全な生活を確保するための取り組みが行われているのです。

いつまでも若々しくいたいというのは誰しもが望むこと。年齢はみな平等に重ねていく。しかし歳相応の見た目から歳のわりに若い、と言われる見た目でいることも可能。日々のアンチエイジングケアで、見た目は大きく変わる。

アンチエイジングは贅沢観点なのか

エイジング(Aging)とは、英語で「老化」「加齢」のことを意味します。つまり「アンチエイジング」は、「老化・加齢に対抗する」ということです。医療機関で行なわれるアンチエイジング医療は、抗老化医療・抗加齢医療とも呼ばれ、歳を重ねても健康で美しくありつづけるための医療として注目されています。

アンチエイジング医学では、これまでの医療では活用されることが無かったサプリメントの使用や、ストレスケアの対処も含まれてる。疾患予防というレベルを超えたアプローチによって、健康レベルをさらに上げていくことが、アンチエイジング医学のアプローチ方法。単なる美容を目的とした贅沢品ではないのだ。

《アンチエイジングの基本概念》

  • 病気にならない
  • 歳をとらない
  • 死なない

アンチエイジングとは、最新科学を応用し、健康で若々しくあるための秘訣。人間の体のピークは二十歳前後といわれている。成熟期を境に徐々にパワーダウンしていき、加齢(老化)によるさまざまな症状が表れる。これは誰にでも当てはまり、止めることはできない。

しかし、アンチエイジング医学でその速度を抑えることで、元気で健康に、そして若々しい体を保つことがある程度可能になってきた。老化を緩やかにすること、そして、上手に受け入れていくことが、アンチエイジングといえるだろう。

「加齢による変化」を対象としているアンチエイジング医学は、これからますます重要視されていくことが予測されている。抗加齢を本当の意味で実現する日は近いかもしれない。期待は膨らむばかりだ。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です