初めてペットを飼う方にとって、最初の課題となるのが迎え入れの準備ではないでしょうか?ペットショップにはたくさんのペット用品が販売されていますが種類も多く、何を準備すればいいのか迷ってしまうこともあると思います。犬の寿命は犬種によってもさまざまですが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物です。犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。食事はもちろん、散歩や排泄の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼い主の責任です。5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみてください。犬と暮らす毎日はとても素敵なものですが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合があります。飼う前にきちんと情報を集めて検討してください。

また猫は健康で安全な環境だと比較的長く生きる動物で、なかには20年前後生きる長寿の猫もいるため、飼うには一生の面倒をみる覚悟が必要になります。食事はもちろん、排せつ物の処理、安全管理、病気の予防、避妊・去勢など、すべてが命を預かる飼い主の責任です。猫との暮らしはとても素敵なものですが、安易な気持ちで飼い始めると悲劇がおこる場合があります。飼う前にきちんと情報を集めて、 検討することをおすすめします。
また、放し飼いにしてしまうと近所で排せつするなど迷惑になるので、 室内飼いにするなど、トラブルにならない飼育を心掛けましょう。

ペットを迎え入れること

⚫第一に本当に犬や猫が欲しいか考える

すべての状況に対して完全に準備を整えておくことはできませんが、どんな問題にも対処する方法を見つけると自分に約束することはできます。それこそが、犬を飼う人が持つべきメンタリティなのです。犬がいると1日8時間しか留守にできません。経済的にも扶養家族ができるようなものです。あなたの生活では犬はほんの一部でしかありませんが、犬にとってはあなたとあなたの家族はすべてです。ということは、犬が必要としている注意を向け、運動や愛情や世話を犬に与えなければいけないということです。

⚫犬や猫を飼うのに必要な物をリストアップする

必要な物をリストにするのは最も良い方法です。犬が家に来る前に必要なこと、来た直後に必要なこと、飼い始めて1年以内に必要なこと、犬を飼う初心者に必要なこと、などを考えましょう。こうすることで、子犬が家に来ると、お金や時間の管理がどのように変わるかが見えてきます。

⚫犬や猫に何を求めるか考える

自分のライフスタイルと性格を考えて、飼う犬種をはっきりさせましょう。経験豊かで相当安心感のある人は、こだわりは多くないでしょうし、それはすばらしいことです。しかし、かなり厳しい条件がある人もいます。自分にも将来の相棒にとっても、事前にこうしたことははっきりさせておくのが一番です。

⚫自分のライフスタイルに合う犬種、猫種を知る

飼いたい犬に出会ったとしても、その犬を飼うとその先どういうことが起こりそうか見当をつけておくために、その犬種のことを調べましょう。特に支障がないようなら、その犬がどういう点で手がかかるか、どういう点は楽なのかもわかっておきましょう。

⚫どこで犬や猫を手に入れるか。ブリーダーかシェルターか。

初めて犬を飼うなら、まず里親に登録して保護された犬を飼うことを考えてもいいでしょう。里親になることで、捨てられた犬が本物の落ち着き先に行くまで、仮の家を与えることになります。これをすると、その犬種が自分に合っているか、あるいは犬を飼うこと自体が自分に合っているかを感覚的につかむことができます。

⚫シェルターでは何に着目するか

犬を助けるのはすばらしいことですが、それでも然るべき調査をして、ここにしようかなと思っている施設を訪問するときは十分に注意深くしていなければなりません。シェルターを知れば知るほど、予想外の気性や病気を持った犬が家に来てしまう心配が減ります。

⚫ブリーダーのどこに着目するか

子犬が生まれて8週間未満で人手に渡すブリーダー、過去のお客とほとんど関係を保っていないブリーダーは要注意だと言っています。自分のところに来る子犬の親犬たちの性格が知りたいなら、子犬が生まれる前にブリーダーを訪問しましょう。子犬が生まれてからだと、母犬は普段より子どもを守ろうとして気が立っていることがあり、普段の振る舞いがわかりにくくなるからです。

 

ひとたび犬を飼い始めると、山のように考えなくてはならないことがあり、とてもこの記事1つには書ききれません。

子供達の自我を生む

ペットと暮らすことは子供の成長に好影響。ペットを飼うこと、そして世話をすることは、子供の人格形成や行動に好ましい影響を与えてくれることがあるのだから。

犬を専用の寝床で寝るように訓練したいなら、犬用の毛布か古いTシャツを使いましょう。犬が家に来る前に何度かそれを身に着けて眠り、洗わずにおきます。犬が到着したら、犬の寝床にその毛布を入れます。毛布についたあなたの匂いが犬の気持ちを静めるのに一役買ってくれて、酷く吠えたり、唸ったり、叫んだりされないで済みます。

ペットを向かい入れる準備はできましたか??良き出会いにしていただきたい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です