NMNから考える❝老化のメカニズム❞ペットチュインは、この老化のメカニズムを考えペット用に作られたアンチエイジングに期待が持てるペット用サプリです。NMNの働きにより細胞の寿命を最大限使える可能性に期待が高まるサプリとなっています。ペットとともに、元気で、老衰ではなくなるべく元気に最後を迎えてくれればと願う人には、適したものではないでしょうか?

細胞の老化の原因と症状とは??

細胞とは、生物を構成する微小な部屋のような構造体であり、生物の基本単位である。ヒトは230種、約60兆個の細胞でできており、そのうち最も多いのが赤血球である。

2013年11月に発表されたEva Bianconiらが記した論文において人間の体の細胞数はおよそ37兆個の細胞で出来ているという試算がなされた。60兆個と習った者も多く居るだろうが論文が発表されるまでは確信的な数字では無かったという。

細胞は常に体の中で核分裂を起こしている。細胞はある大きさになると成長を止めるか分裂をする。神経・骨格筋・赤血球などの細胞は一度成熟すると普通は分裂しない。

分裂から次の分裂までの期間を細胞周期と呼ぶ。それを一回行うのにかかる時間を世代周期という。このかかる時間は種によって異なる。

 

細胞分裂は2種類に分けられる。

  1. 核が複雑な過程をたどって分裂する『有糸分裂(mitosis)』
  2. 細胞質が二つに分かれる『細胞質分裂(cytokinesis)』

 

 

ある時期までは成長と言われますが、成人し成熟期を迎えるとその時期以降は『(個体)老化』と呼ばれるようになる。誰しもに起きる変化ではあるが変化するスピードは個体差がある。

細胞老化(さいぼうろうか)とは細胞が分裂を停止し、増殖できなくなった状態が不可逆的に引き起こされること。ゲノムの不安定化などによって引き起こされ、細胞がガン化することを抑制する防御反応であると考えられている。個体の老化になぞらえて名付けられたが、個体老化と細胞老化の直接的な関連については議論が続いている。

 

老化の原因についてはいくつかの要因が複雑にからみ合うと考えられているが2つの考え方がある。

  1. あらかじめ組込まれた老化遺伝子が発現するという老化プログラム説
  2. 遺伝子が傷つけられて老化が進むとする DNA傷害説

 

老化は加齢に伴い起きる。加齢とは年齢の増加に伴う変化のことで,老年期以降の状態は老化あるいは老衰ともいう。

老化現象とは老化により起こる心身の一連の退行的な変化のこと。記憶力・記銘力や視力・聴力・体温調節などの生理機能の低下や足腰の弱ることなどをまとめた総称。

老化した時の主な症状(老化現象)とは??

  1. 臓器や器官の機能が低下する
  2. 血管の衰え
  3. 皮膚のシワ
  4. 頭髪や歯の脱落
  5. 視力や聴力の低下
  6. 精神の硬直化
  7. 記憶力,判断力の低下

 

今後さらに詳しく調べていく。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です