オーダーメイドや特注品などでなければ市販のシャンプーを使う事になるだろう。シャンプーは、犬や猫の汚れやにおいを取り除いてくれるだけでなく、皮膚をフケや寄生虫から守るためにもかかせない。

しかしパッチテストをやらずに使用するとかぶれやアレルギー反応が出てしまい危険だという。また、どの様な反応が出ると危険かも知っておくべきだろう。飼い主様にとってはペットのアレルギーについての知識も必要である。ペットのパッチテストとはどの様にやれば良いのか。アレルギー対策についても詳しく調べてみた。

パッチテストのやり方

シャンプー剤の中に含まれている添加物が肌に合わず、かぶれたりする場合があります。シャンプー前に、あらかじめパッチテストをしておくと安心です。パッチテストは、人間も、アルコールに対する免疫度を調べるときにも行っています。

肌に合うか、合わないかは個体差があること。新しいシャンプーを使う場合はパッチテストをした方が良いようだ。パッチテストの重要度は高い。

犬のシャンプーはトリミングサロンにお任せすれば大丈夫と思う飼い主さんも多いのではないだろうか。実は、お互いが健康で快適に暮らすために、自宅シャンプーはぜひやっていただきたいケアなのだ。

10倍ぐらいに薄めたシャンプーを一円玉くらいの大きさぐらいの範囲で、毛のないお腹に塗って10分ほど放置します。 反応がなければ、問題はありませんが、塗った場所が赤くかぶれたり、かゆがったり、急にフケが出るようだと肌に合っていない証拠です。

シャンプー剤を変えるか、獣医師に相談してから使用するようにします。

この様にパッチテストをやった事のある飼い主様は少ないのではないだろうか。ペット病院やペット美容室から買ってきたシャンプーだからと確かめもせず使用すると危ないのかもしれない。

少しでも赤みの反応やかぶれが見られる様なら使用を中止して獣医師の指示をもらおう。

ペットのアレルギー対策

犬アレルギーの対策

犬と一緒に生活していくなかで対策を講じるのであれば、比較的効果があるのが次の5つの対策方法です。
・犬のブラッシングは室外で行い、シャンプーも可能な限りこまめに行う
・寝室に犬は立ち入らせない(可能であれば居住スペースは別にする)
・室内の換気をこまめに行い、空気清浄機を常に活用するようにする
・絨毯やカーペットなど犬の毛がからみやすい敷物は避ける
・室内の掃除を毎日しっかりと行う

アレルギーは生活中のさまざまな要因により発症する。犬がもともとも持つ強い免疫力・自己治癒力に働きかけることで、アレルギーになりにくい体質にさせることこそが、これから重要だと考えている。アレルギーを改善するのではなく、そもそもアレルギーになりにくい体を作れるフードが求められているのではないだろうか。

アトピー性皮膚炎の場合は遺伝的な素因もありますが、特に原因はわかっていません。清潔な環境で健康的な食事をしている犬でも、何かしらのアレルギー性皮膚炎になることがあります。

アレルギー反応の全てに原因が反面している訳ではない。だからこそ慎重になるべきだ。小さなアレルギー反応も見逃さないように注意してチェックしたい。

清潔さを保つシャンプーだからこそ、きちんと選び万全の対策を施してペットに使用したい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です