足、腰の弱い犬や猫の対策に何をしていますか?滑り止めのマットを置いたり、散歩させる場所を選んだりと様々な工夫をされている事でしょう。ペットチュイン-pettuin-というサプリメントを販売している。犬・猫専用のカプセルタイプの栄養補助食品である。このサプリメントには骨の軟骨を改善するプロテオグリカンという成分が入っている。骨のために出来る事の1つに推したい。

【ペット】骨や足腰の健康

歩くことは老犬にとって、いちばんの運動です。筋力を維持するだけでなく、ストレス解消になり、心の刺激にもなるので、状態に応じたペースで明るく励ましながら歩かせてやりましょう。ただし無理をさせないこと。歩かせる時間や回数は犬の意思を尊重しながら、が大切です。外に出たがらない様子なら、部屋の中で歩かせてやりましょう。マットを敷くなど、脚に負担がないように心がけます。つらそうなのに無理やり散歩に連れ出したりするのは逆効果。犬の様子で判断を。

シニア犬にとっても歩く事が健康につながる。無理をさせずに適度に歩かせてあげたい。

何か症状がある場合はもちろん病院に行くのが先決ではあるが、手術や薬では治らないとき、また予防のために、サプリメントという選択肢もある。

グルコサミンやコンドロイチンはもちろん、関節ケアに有効だとされるその他の成分にも注目し、愛犬・愛猫に合う最適なサプリメントを見つけてあげて欲しい。

猫でよくみられる関節炎は、変形性関節症です。 変形性関節症とは、骨と骨の連結部分である関節をなめらかに動かすために必要な軟骨と周囲組織がなんらかの原因で変形して炎症が起こる病気です。

変形性関節症は、関節の軟骨や周囲組織に障害が起こる病気で、一次性(原発性または突発性)のものと、二次性のものがあります。

多くの高齢猫が、変形性関節症を起こしていると考えられています。 しかし、変形性関節症により活動量が落ちていても、年のせいだと感じたり、はっきりとした症状が出ないケースもあるため、飼い主さんが気付かないことも多い病気です。

はっきりとした症状が出ない事もあるようなので定期的な獣医師によるチェックも合わせて行いたい。

骨には何をすれば良いのか

プロテオグリカン(Proteoglycan)は、特殊な構造を持つ糖とたんぱく質の複合体で、複合糖質の一種である。「プロテオ」はプロテインつまりタンパク質、「グリカン」は多糖類を意味する。

皮膚や軟骨において、ヒアルロン酸やコラーゲンと共に巨大なネットワークを形成し、組織の柔軟性や水分保持に寄与しています。

このプロテオグリカンの役割は、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り、体、皮膚組織を維持しています。その他にも組織の形成や伝達物質として働いたり、身体組織の維持のために様々な役割を担っています。

火傷治療にも使われる肌の再生効果のあるEGFという美容成分の働きに似た効果も見られます。そしてEGFよりも安価で少量で効果が出るので注目されている。そのため美肌スイッチと言われる。

当社が開発したペット専用サプリメント『ペットチュイン-pettuin-』にはプロテオグリカンが含まれています。大事なペット様の肌や軟骨の健康を維持しサポート出来たら幸いです。是非、ご利用ください。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です