ペットチュインは、寿命をつかさどるサーチュイン遺伝子への栄養補給食品(NMN)であり、人間や生命に関した部門では今後注目されるべく成分です。ペットに対しての健康管理が近年見直されつつあるので、ここで記事にしていきます。ヘルスケア(英語: health care)とは、健康の維持や増進のための行為や健康管理のこと。 東洋では、養生、あるいは未病といった概念によって、健康維持に関しての認識も変わり、健康時からの健康の維持や増進が図られてきた。 近年になり西洋でも、健康の維持・増進や予防医学にも注意が払われるようになってきている。2019年「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」でも、人とペットの健康寿命延伸を目標に活動しているが、学会で有益な発表とシンポジウムが開催された。ヘルスケアのためにも毎日変わった事が無いか気にかけておきたい。飼い主様がペットの健康を守るのは義務であり責任の問われること。きちんとした知識を得たい。

ヘルスケアの大切さ

冒頭にも述べたが、ヘルスケアの定義はこうだ。

ヘルスケア(英語: health care)とは、健康の維持や増進のための行為や健康管理のこと。 東洋では、養生、あるいは未病といった概念によって、健康時からの健康の維持や増進が図られてきた。近年になり西洋でも、健康の維持・増進や予防医学にも注意が払われるようになってきている。

現在では、「病気になってから治療する」という伝統的な治療方針から、「病気にならないよう健康を維持する」という予防医療へのパラダイムシフトを実現するために、スマートヘルスケアが活用されている

ペットたちにも病気を未然に防ぐスマートヘルスケアが大切だという。

日本は人間の寿命が世界一である。しかしペットの寿命は世界一ではない。医療の進歩により長寿になってきたが世界的に見たらまだまだである。ヘルスケアに注意し寿命の改善も出来たら良い。ペットは、遊び道具ではなく、命です。自分の命は大事と思うと思いますが、ペットたちの命もこの地球上の命はすべてそのものにとっては、重要なものです。他から見て簡単に奪い取るものではなく、最低限ペットに関しては、健康管理は怠ることが無いようにしたい!

健康診断で病気が早期に見つかり治療をして元気になったワンちゃん・ネコちゃんがたくさんいます。少しでも長く一緒に暮らすためにも健康診断をぜひおすすめします。

病気にならない事が大事であるが、人間と同様病気の早期発見・早期治療が大切である。

2016年のワンちゃんの平均寿命は14.36歳、ネコちゃんは15.04歳と、動物たちの平均寿命は年々伸びています。

ペットの代表格ともいえる犬の平均寿命は、14.29歳。大型犬よりも小型犬のほうが長生きする傾向がある。大型犬はその立派な体格の割に心臓や肺などの機能が弱く、細胞が老化しやすいのが一因という。がんなどの疾患にもかかりやすいため、小型犬と比べると寿命が短い傾向にあると考えられている。

猫の平均寿命は犬よりも少し長く、15.32歳。「家の外に出ない」猫の平均寿命は15.97歳、「家の外に出る」猫の平均寿命は13.63歳と、室内飼いの猫の方がより長生きの傾向があるようだ。最近では20歳を超えることも珍しくなくなり、成人式ならぬ「成猫式」でお祝いする飼い主も見られる。NMNの働きは、寿命遺伝子サーチュイン遺伝子に対して刺激を与えられるものとして注目されています。人間やペットたちの寿命を延ばすという事ではなく、今の細胞を一つ一つ元気に動かすという考えが重要です。病気にならないという発想ではなく、生き生き生きる!最後まで使い正常な元気を得ることが重要なのではないでしょうか?

ヘルスケアを受けよう

ヘルスケアチェック

ワンちゃんのバイタルサインをチェック、体重測定を行います。
※バイタルサインとは・・・心拍数、呼吸速度、体温の3項目における数値を総括したもの。

犬や猫の中には我慢強く病気を隠そうとする性格のモノも居る。見逃してしまわぬ様にしたい。

獣医師に相談し定期的なヘルスケアチェックを行いたい。また自宅でも簡単にチェック出来る項目を知り、健康維持に役立てたい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人enpani

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です