NMNはサーチュイン遺伝子に影響する希望ある成分です。このことにより今、NMNは、全世界から注目されその市場は開拓され始めています。ペットにも、人間にも、ほとんどは人間の理想をかなえるという部分の成果ですが、これによって、自然に死ぬという部分に少しでも変化が起こる可能性ができてきました。サーチュイン遺伝子とは何か!今回はこんな部分を理解しやすく書き下ろしていきます。

サーチュイン遺伝子って何??

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる。サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュインはヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられている。

サーチュイン遺伝子は、2000年に米国マサチューセッツ工科大が酵母の中から発見された。サーチュイン遺伝子は決して特別な遺伝子ではない。ハエやネズミ、そして人間を含むほとんどの生物が保有するという。この長寿遺伝子とも言えるサーチュイン遺伝子のスイッチをONにしてあげられればサーチュイン遺伝子が活性化し若返り効果やアンチエイジング効果を発揮するそう。

この遺伝子は食物不足など環境のストレス因子に応じて活性化され,細胞修復,エネルギー生産,アポトーシス(プログラム細胞死)などに影響を与える。サーチュインは生体機能の調節役として働いているのだろう。

ミトコンドリアが出す活性酸素は細胞にダメージを与え、老化を招くきっかけとなる。しかし、サーチュイン遺伝子は、その発生や免疫細胞の暴走や老化を抑える機能を持っている。

結果として、脳や血管、肌など、身体中の器官を若く保ち、シミやしわの抑制や、認知症など加齢によって起きる様々な病気が発症する時期を遅らせることが期待できる。動脈硬化や糖尿病も、生活習慣の影響に加え、加齢とともに生じやすくなる病気の一つである。サーチュイン遺伝子の活性化はこれらの病気の予防にもつながり、老化に関わる色々な要因をコントロールできると考えられている。

マウス実験によるタンパク質の投与

すでに酵母や線虫,ショウジョウバエでサーチュインによる長寿効果が確認され,現在マウスで実験が進められている。哺乳動物での効果が明らかになれば,抗老化薬への期待もますます高まるはずだ。

David A. Sinclair / Lenny Guarente

2人は寿命を調節する遺伝子を突き止め,そのメカニズムを解明するために,1995年より共同研究をしている。当時シンクレアはマサチューセッツ工科大学(MIT)のガランテの研究室のポスドクになったばかりだった。現在はハーバード大学医学部のポール・F・グレン研究室のリーダーとして加齢の生物学的メカニズムを研究。またハーバード大学とMITが共同で設立したブロード研究所でシステムバイオロジーに取り組んでいる。ガランテは25年以上にわたってMITで教鞭をとり,現在は生物学のノバルティス教授を務める。彼の研究室はSIR2遺伝子が酵母の寿命の調節因子であることを初めて明らかにし,SIR2遺伝子が酵母のカロリー制限効果に影響することを示した。

何らかの方法でサーチュイン遺伝子を活性化し若返ればそれで良い…という訳ではありません。長生きを楽しめるのは健康な身体があってこそである。サーチュイン遺伝子の活性化を期待しつつ、まずは食事のバランスと適度な運動を心がけることが、健康的に長寿を目指す近道である。心身共に健康である状態を目指したい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です