寿命革命!もう家族ペットの平均寿命について

人間と共存するペットは、すでに家族同等の愛情を得る存在ではないでしょうか?そんな家族同様なペットといつまで一緒にいたいですか?長く一緒にいたいと考える人、ペットが寿命を迎え老衰する寝たきりは見たくないという方も多くいます。今回ご紹介していくNMNという成分配合ペットチュインは、そんなペットの寿命や健康状態などに大きな影響を与え寿命革命が起きるのではないかという期待が浮上しているものです。ぜひ期待と興味を持ってペットという家族が元気で壽命を全うできる可能性を模索してみてください。

犬、猫の平均寿命は何歳??

寿命革命!もう家族同様ペットの平均寿命について

急速に高齢化が進む日本では、ペットたちもまた老いている。

 

飼育されているペットの平均寿命は、が「14.2歳」、が「15.3歳」とされる。

のほうが少し寿命が長くなっています。 また、の寿命は飼育環境に大きく左右されます。

 

大型犬は、小型犬・中型犬より幼齢期に歳を取るスピードが少し遅いのが特徴。

犬は生後急速に発育し、1年半で成人年齢(人間でいうところの20歳くらい)に達すると言われている。

その後は1年で人間の4年間に相当して増えていく計算とされている。

大型犬は、小型犬・中型犬より幼齢期に歳を取るスピードが少し遅いのが特徴だが、一生を見ると小型犬では寿命は長く、大型犬では短い傾向にあります。

 

猫は、生まれて1年間で人間の17歳程度まで成長し、2歳で23歳くらい、3歳で28歳くらい、その後は1年間が人間の4年間に相当して増えていく計算とされている。

 

厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」によれば、日本人の「平均寿命」が過去最高を更新。男性は「81.09歳」、女性は「87.26歳」とされた。

平均寿命が伸びることに寄与しているのは、「悪性新生物(ガン)」の死亡率が下がったことである。

さらに「心疾患」と「脳血管疾患」の死亡率の改善が、平均寿命の伸びの原因となっています。

犬や猫は私たちより先に死ぬ。少なくとも、私たち人間より寿命は短い。

愛犬や愛猫との暮らしは日々の生活に癒しを与え、ともに暮らすことで認知症の予防効果も期待されている。しかし、それは人間の都合であって、飼い主が途中でいなくなってしまえば猫はどうなるだろう。行き場がないと、最悪の場合は殺処分されてしまうかもしれない。自分も寿命についてはしっかり考え、年老いても、体は元気という可能性に掛けてみたいものだ!

飼い主は、自分が責任を持って面倒を見ることができる動物をペットとして迎え入れたい。

一緒に居れる可能性ペットチュイン

寿命革命!もう家族同様ペットの平均寿命について

 

ペットに長生きしてもらうために大事なこと

  1. ストレスを感じさせないよう心がける・住まいの環境
  2. 活動量の確保(散歩など)
  3. 病気の対策・薬に頼りすぎない
  4. 予防接種は必要なものだけ受けさせる
  5. ガンにならないよう予防を怠らない
  6. いざという時に備える
  7. ペットチュインの可能性

 

これからの将来、どんなに医療が進歩しても、どんなに高額な治療費をかけても、どんなに一緒にいたいと神様に願っても、犬の寿命を人間と同じ80年にまで延ばすことはできないと考えるのが普通だろう。

平均余命とは、ある年齢を基点にした時に、『あとどのくらい生きられるか』というのを示したもの。

0歳を基点にした時の平均余命は、いわゆる平均寿命ということになる。

出来るだけ長生きして元気に過ごして欲しい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です