人はエネルギーによって様々な活動をしている。エネルギーとは、「仕事をする力」(モノを動かす能力)をいう。 光ったり、熱を出したり、動かしたり、音を出すためには、エネルギーが必要なのです。

エネルギー消費をするのに酸素がないと体に必要なエネルギーを作り出すことができない。そしてそのエネルギーは身体の細胞内のミトコンドリアによって作られている。ミトコンドリアによりエネルギー代謝が行われる。エネルギー代謝とは生物が物質代謝に伴って行うエネルギーの出入り・変換のこと。一般に、植物は太陽光線のエネルギーを化学的エネルギーに換え、動物は化学エネルギーを熱エネルギー・力学的エネルギーなどに換える。

ミトコンドリアが居なければたちまちエネルギーを失って機能停止してしまうという。ミトコンドリアに生かされている動物や人間。ミトコンドリアとは一体何なのか。

ミトコンドリアとは

ミトコンドリア(mitochondrion、複数形: mitochondria)は真核生物の細胞小気管である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与する。酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。

ミトコンドリアとは、細胞の中に含まれ有機物質からエネルギーを取り出す働きをし、独自のDNAをもつ、小器官である。

人間が、動いたり、考えたり、はたまた恋をしたりすることができるのは、ひとえにエネルギーがあるからだ。そのエネルギーをつくっているのが、「ミトコンドリア」と呼ばれる細胞内小器官である。

細胞ひとつにつき数百個程度含まれる。特に脳や心臓の様な、特に活発に動く臓器には、細胞1個あたり数千個ほどミトコンドリアが含まれるとされる。

ミトコンドリアは、酸素を使って糖からエネルギーを取り出し「ATP」(アデノシン三リン酸)に変換して細胞に供給する役割を担っているのでミトコンドリアは細胞の活動そのものに不可欠な器官である。

ミトコンドリアの正常な働きが阻害されると身体上に様々な病気として顕在化してしまう。ミトコンドリアの異常が原因で起こる病気を総称して「ミトコンドリア病」という。

ミトコンドリアが増えるほどカラダは元気になるという。

ミトコンドリアの必要性

「極端に言えば、病気とは『ミトコンドリアが足りなくなった状態』のことをいいます。身体には悪くなったところを治す力がもともと備わっていますが、治すためにはエネルギーが必要。エネルギーが十分にあれば、すなわちミトコンドリアが十分にあれば、病気になっても必ず健康になることができるのです」

産生されたATPは、皆さんがこの記事を理解するのに必要な脳活動や、スマホ画面をスクロールするために指の筋肉を動かすことなどに使われる。ミトコンドリアがなければ私たちは3分も生きることができない、とまで言われているほど重要である。

体内のミトコンドリアを増やして元気になるための3つの方法

  1. 身体に寒さを感じさせること
  2. 運動によってエネルギーを消費すること
  3. カロリー制限をすること

エネルギーが足りない。と細胞が感じると、ミトコンドリアは増えるように出来ている。強めの運動を心がける、あるいは週に1回1食抜くといった習慣を続けるだけでも2週間でミトコンドリアは増えていく。鍛えれば鍛えるほど、ミトコンドリアは増え活性化する。

ミトコンドリアが活性するための成分があるため別記事で合わせて、ご紹介したい。

ペットチュインの詳しい内容はこちら

書いた人mirai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です